EC FORCE CONTENTS

INTERMEDIATE LEVEL

広告効果の把握は売れてからでは遅い

「スタートアップ」フェーズにて、商品が売れるショップが開設できると、次に出てくる問題はどの広告が費用対効果が高い広告なのかを見ていかなければなりません。 インターネット広告では、どの広告媒体から何件売れたかを「タグ」というものを使用してCVを計測していきます。 つまりメーカーは「広告媒体 × 広告代理店」という膨大な数のタグを管理しなければなりません。 また、タグの精度は確実ではないため、広告代理店とメーカー様の間で広告で獲得した件数に不一致がおきることで議論になることも少なくありません。

ECForceでは、タグの管理を管理画面から一元管理でき、またどの広告がどれだけアクセスを集めていて、何件売っているのかが広告集計画面より瞬時に把握することができます。 また、広告代理店専用管理画面を発行する機能により、広告代理店自らがタグの設置や、販売ページの発行が可能になるため、メーカー様の広告管理の工数を劇的に下げることができます。

    事例:脱毛ローション初月から定期顧客3000人獲得
  • 認知されていない新規商品
  • LPでのみ販売
  • ECForceの標準機能のみでショップ運用(エキスパートプラン)

ECForceの広告代理店専用管理画面を広告代理店に渡すことで、3000件獲得していてもメーカー側のオペレーターわずか1名でバックヤード管理から広告代理店を10社運用。

GLOBAL EC STANDARD

EC FORCEは、”現場”を知り尽くした比較されないECシステム。現場の課題感を解決すべく生み出されました。

お問い合わせ