EC FORCE CONTENTS

START UP

売れないショップにどれだけアクセスを流しても売れない

EC事業において最も重要であり、なければはじまらないものが新規顧客の獲得です。 昨今ではインターネット上にショップを開設すればものが売れる時代は残念ながら数年前に終了しており、 無数のショップが開設されているインターネットの世界で、ECに対する正しい知識もなくショップを運営していくのは非常に困難な時代に突入しております。 しかし、正しい知識をもとにショップの開設、運用を行えば、立ち上げ初月から売上をあげることも十分に可能です。 当コンテンツではショップ開設の一番初めである「スタートアップ」というフェーズでもっともの重要な要素についてご紹介致します。

LP

如何に商品の魅力を伝えるか

システム

如何に商品を買いやすくするか

広告

如何に多くのお客様に知っていただくか

新規顧客の獲得は LP × システム × 広告 で決まる

ショップにお客様が来客した時、お客様に商品の魅力が伝わらなければ商品を購入して頂けません。また、お客様が商品を購入しようとしても、購入フォームが複雑でわかりづらかったり、銀行振込でしかお支払いができなかったりすると購入するのをやめう可能性もございます。そして、そもそもショップにお客様に来てもらわなければ、商品が売れることはありません。 このように、3つの要素は常に掛け算の状態にあり、3つの要素の品質を高めることが新規顧客を獲得する上で最も重要なことになります。

LPの重要性

商品の中でも特に世の中にまだ認知されていない新規商品ほど、その商品の魅力を正確に伝える必要がございます。リアル店舗ビジネスであれば店員がお客様に直接、魅力をお伝えすることができますが、インターネット通販においてはお客様がショップの情報を見て、お客様が商品を買うかどうかを判断します。ショップのデザインとは店内そのものであり、商品の魅力を伝えるためにランディングページ(LP)が最も重要であると言えます。 最も重要な部分であるからこそ、融通の利かないテンプレート実装ではなく、ショップに応じて自由にデザインできる必要がございます。

ECForceでは、LP、購入確認画面、購入完了画面ページの各画面についてHTML,CSS,Javascriptで全てコーディングすることができ、自由自在にデザインすることができます。

システムの重要性

お客様が商品の魅力に感じ、購入の意思決定をしたとき、如何にお客様にストレスなく購入していただけるかが重要となります。 リアル店舗ビジネスであれば店員が直接、レジでお客様の商品購入を手助けしますが、インターネット通販では、購入の意思決定後の離脱が非常に多いことはデータからも証明されています。 インターネット通販において、お客様の購入の手助けをし離脱率を下げるのがEFO(購入フォームの最適化)です。また、支払い方法についても多彩なバリエーションを揃える必要がございます。

ECForceでは広告運用ノウハウとシステムからの実データをもとに実施されているEFOを標準装備しております。 支払い方法についてもクレジットカード、後払い決済、代金引換はもちろん、AmazonPayなどCVRが向上する効果のある決済方法も多数ご用意しております。

広告の重要性

上記のLPとシステムの最適化を行なったとしても、お客様が来ないショップから商品が売れることはありません。 世の中に認知されていない商品であれば、なおさら、インターネット上でお客様がショップに辿り着くことは困難です。 インターネット広告では、SNS、検索系、アドネットワーク等のあらゆる広告媒体に企業が広告出稿することで、お客様に直接リーチすることができるようになりました。

ECForceでは広告媒体ごとに販売URLを発行する広告機能を搭載しており、広告媒体ごとのCVRを瞬時に把握することが可能です。 また、ECForce専属の広告代理店パートナーをご紹介することも可能となっております。

    事例:無名健康食品が初動で定期顧客500人獲得
  • 認知されていない新規商品
  • LPでのみ販売
  • ECForceの標準機能のみでショップ運用(スタンダードプラン)

ECForceの標準機能を用いて、広告効果を最大にした上で、徐々に広告予算をあげて運用した結果、初動で初月定期顧客を500件獲得達成。

GLOBAL EC STANDARD

EC FORCEは、”現場”を知り尽くした比較されないECシステム。現場の課題感を解決すべく生み出されました。

お問い合わせ