0105

Automatic Customer Service
talkmation

talkmationは顧客からの問い合わせに対して適切な応対から提案までをリアルタイムかつ自動で行うことで顧客LTVを向上やサプライチェーンコストの最適化を実現するウェブ接客自動化システムです。

チャットボットによる応対/提案により顧客LTVを改善
チャットボットによる応対/提案により顧客LTVを改善

talkmationでは顧客の問い合わせをチャットボットが受け付け、適切な応対を自動で行うことでカスタマーサポートのコスト改善を行うだけでなく、ニーズにあわせてアップセルや解約スキップといった提案を行うことで顧客LTVの改善を自動で行うことができます。

  • 顧客対応をDX化し、コストと顧客LTVの改善を実現
  • データに基づいて効果検証されたチャットシナリオを無償提供
  • シナリオ分岐毎にユーザの動きを確認し、容易にシナリオ改善が可能
直感的でわかりやすいUI/UX
直感的でわかりやすいUI/UX

管理画面からシナリオGUIを操作するだけでエンジニアリング不要でチャットボットのシナリオを構築することができ、デザインについてもコーディング不要でカラーやサイズのカスタマイズが可能です。また、サイトへの設置もワンタグを配置するだけと非常にシンプルに活用して頂くことができます。

  • エンジニアリング不要でシナリオカスタマイズが可能
  • デザインカスタマイズもコーディング不要で、顧客対応に最適なチャットUIを実現
  • 既存サイトにもワンタグ設置のみで実装が可能
ecforceとのAPI連携でカスタマーサポート対応の完全自動化
ecforceとのAPI連携でカスタマーサポート対応の完全自動化

talkmationはecforceと連携することで、talkmation上で受け付けた顧客の要望をecforceへAPI連携し、オペレーション対応を人を介さずに自動で行うことができます。これによりカスタマーセンターへの問い合わせ数を削減し、サプライチェーンコストの最適化を実現することができます。

  • チャットボットを通して解約防止やスキップ対応を自動化
  • チャットボットを通して顧客のアップセルを自動化
  • チャットボットをマイページとして代用することも可能

顧客対応のDX化を実現するウェブ接客自動化システムで
カスタマーサポートのコスト削減と顧客LTVの最大化を実現する

自らD2C事業を運営するSUPER STUDIOが、様々なブランドのマーケティングからサプライチェーンの運用を行う中で
データ・ドリブンに高速PDCAを回すことで開発されたウェブ接客自動化システムを提供します。

主な機能function

シナリオ構築機能

シナリオ構築機能

エンジニアリング不要で誰でも簡単かつ直感的にシナリオを構築できるGUIをウェブ上で提供しています。これにより容易にシナリオの順番や内容の編集を行いPDCAを運用することができます。

シナリオ分析機能

シナリオ分析機能

シナリオ分析機能を活用することで、シナリオのどのノードにどれぐらいの流入があるのかを直感的に把握することができます。このデータを元にシナリオ改善を容易に行うことができます。

ワンタグ設置機能

ワンタグ設置機能

ワンタグを設置するだけでチャットボットを実装することが可能です。既存ウェブサイトのどこのページにでも設置することができるため、ユーザの動きを分析し、最適な導線設計を行うことができます。

料金表pricing plan

STANDARD PLAN

STANDARD PLAN


初期費用
¥0
月額費用
¥29,800

  • 月間セッション:~30,000まで
  • シナリオ数:3
  • 設置ドメイン数:1
  • 利用可能機能:全て利用可能
  • API機能:利用可能
PROFESSIONAL PLANmost popular

PROFESSIONAL PLAN


初期費用
¥0
月額費用
¥49,800

  • 月間セッション:~200,000まで(※)
  • シナリオ数:無制限
  • 設置ドメイン数:3
  • 利用可能機能:全て利用可能
  • API機能:利用可能

*200,000セッション以上のご利用については見積もり

ESTIMATION PLAN

CS FULL SUPPORT PLAN by ecforce teams


構築費用
見積もり

  • ブランド/プロダクトのヒアリング
  • 適切なカスタマーセンター構築/移管
  • 顧客対応のDX化を意識したカスタマーセンターのオペレーションを構築
  • 運用後のカスタマーセンターのオペレーション及びシナリオの改善
  • talkmationのシナリオ構築からウェブサイトへの設置、それに伴って最適化されるカスタマーセンターの構築からオペレーション改善まで支援させて頂くトータルソリューションになります。

さあ、ECでビジネスの
可能性を広げよう。

各サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについてお気軽にお問い合わせください。

プロダクトecforce products

  • ecforce

    ecforceはスタートアップから大企業まであらゆるビジネスのEC化を支援するECプラットフォームです。コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験の最大化を実現していきます。

    詳しくはこちら
  • 1d color

    1d color は訪問者にアンケート形式の質問を投げかけることで、訪問者の属性や購買、行動履歴などを紐解き、一人一人にあった最適なコトやモノを提案するパーソナライズシステムです。

    詳しくはこちら
  • smart dialog

    smart dialogは訪問者にストレスフリーでシームレスな購入体験を提供することでショップのCVRを向上させ、広告投資のROIを最大化させる入力フォーム最適化システムです。

    詳しくはこちら
  • ecforce teams

    D2Cビジネスの継続と成功を支援するサービスがecforce teamsです。ビジネスの総合格闘技と呼ばれるD2Cの各機能に精通したプロフェッショナルがあなたの事業をサポートします。

    詳しくはこちら
  • success board

    マーケティングからサプライチェーンまで全ての工程のナレッジをクライアント様に共有し、消費者の方々により良い体験を提供できる世界を作り上げていくためのナレッジメディアです。

    詳しくはこちら
  • talkmation

    チャット型接客ツールtalkmationは、シナリオ設計型自動チャットと自社EC訪問者の会話データ分析・活用でECのカスタマーサポートをアップデートします。

    詳しくはこちら

よくあるご質問FAQ

talkmationとは、普通のチャットボットと何が違うのでしょうか?

talkmationはECに特化したチャットボットソリューションであることが他システムと大きく異なります。
エンジニアリングなしで直感的にチャットシナリオの編集や、顧客の回答を分析できる機能などはもちろん、D2C支援企業である当社より、問い合わせ削減によりコールセンター費用のコストが改善した事例や、解約防止シナリオによって顧客からの解約率が低下した事例などさまざまな実績が出ているシナリオを無償提供しています。また、ecforceとのAPI連携を行うことで、チャットシナリオで受け付けた処理をecforceに実行することができます。これによって、オペレーター不在で顧客からの問い合わせを完全自動対応することができます。

具体的な実用例はありますか?

問い合わせ数削減によるコールセンターのコスト改善や、解約スキップ、解約防止シナリオによる解約率の改善事例など多数ございます。
詳細についてはお問い合わせください。

費用は上記以外にかかりますか?

talkmationのご利用には上記のプラン以外の料金は発生いたしません。
※お見積もりプランをご利用の場合、弊社までお問い合わせください。

CSフルサポートプランとはどういったものなのでしょうか?

弊社の別サービスである「ecforce teams」というブランド構築のコンサルティングサービスをご契約いただくことでブランドのカスタマーサポートのDX化を実現します。
具体的にはtalkmationを活用した上でのコールセンター選定からトークスクリプトの構築まで一貫してトータルサポートさせていただくプランになっています。
料金についてはお見積もりとなっておりますが、主に構築にかかる初期費用をお見積もりさせていただく形となります。

APIは標準で利用できますか?

スタンダードプランからご利用が可能です。

talkmationを活用した他の事例なども紹介してもらえるのでしょうか?

はい、もちろんです。
talkmationは弊社のD2Cブランドだけでなく、さまざまなEC事業者様と共に日々シナリオの改善を行い、PDCAを回すことでtalkmationを活用方法を研究しています。
その中で効果のあったものについては契約企業様に無償提供させていただきます。

よりすぐれた制御力、可視性および柔軟性のための

さあ、ECでビジネスの
可能性を広げよう。

各サービスの導入や移行、
その他様々な運営のお悩みについてお気軽にお問い合わせください。

ecforceの無料体験を
はじめる!

無料トライアル後、自動的に課金されることはありません。

個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーの定めに従うものとします