株式会社SUPER STUDIO(所在地:東京都目黒区、代表者:代表取締役 CEO 林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)は、本日11月18日(水)より「ecforce」をはじめとするECプラットフォームの全サービスのロゴおよびMISSIONを一新します。また、ECプラットフォームの研究開発を目的に、自社ブランド開発事業を強化。自社が持つデータやノウハウの領域をさらに拡大し、ECプラットフォームの機能拡充などに活かしてまいります。

■  新サービスロゴ

[サービスロゴ一新の背景]

 世の中の消費行動の変化によりECやD2Cが益々注目を集めており、今後も多くのEC/D2Cブランドやサービスの立ち上がりが予想されます。SUPER STUDIOではD2Cブランドの支援をワンストップで提供しており、顧客の業務効率化や生活者の消費体験を向上するためにEC業務支援サービスの開発や、D2CブランドのR&Dを展開してまいりました。なかでもecforceは多くのメーカー様から引き合いをいただき、導入ショップ数は250を超え、流通総額も500億円を突破、今後もさらに拡大を続けていく見込みです。(※詳細は後述の参考資料をご参照ください)その他にもD2Cコンサルティング事業「apollo d2c」をはじめとする多くの事業/サービスを立ち上げた結果、D2Cブランド運営における細かなノウハウが各サービスに落とし込まれて行きましたが、各サービスの網羅する領域が非常に広く、提供サービスの垣根がわかりづらくなるという課題が出てまいりました。

 これらの課題を受けて、各企業様をこれまでよりさらに広い領域で、そして具体的なソリューションで支援していくために、提供サービスの内容やそれぞれの相関性を表現した各種サービスロゴへ一新いたしました。  

[旧EC Forceロゴ → 新ロゴ一覧]

 

■ 新MISSION

コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する

[MISSION一新の背景]

 SUPER STUDIOはこれまで「ECをアップデートする」をMISSIONに事業展開をしてまいりました。しかし近年ECそのものや商品に関して消費者が求めるものが変化してきています。消費者へよりよい商品/体験を提供すべく、これまで顧客企業様のブランド運営の支援をメインに展開してきたD2C事業についても、さらなる支援体制の強化に加えて自社でブランド企画や運営を進めるR&D事業を強化してまいります。商品の質や消費体験のあり方を研究、その知見を顧客企業様に提供し、ひいては消費者に向けて最善な商品の質や体験を提供できる世界の実現を目指します。自社ブランドでテクノロジーを駆使した新たな購入の仕組みやクリエイティブにチャレンジし、その知見やデータをプロダクトやサービス作りに活かしてまいります。

現在販売準備中の子供の寝かしつけ用プロジェクター「おやすみプロジェクター」や、飼い猫の健康状態がわかる猫砂「しぐにゃる」を皮切りに幅広いジャンルでの事業開発を進めます。(※商品概要は参考資料を参照ください)

▼ 直近でリリース予定のR&D事業/D2C事業支援領域の一部

 R&D事業の強化により得たノウハウを顧客企業の商品やブランド作りはもちろん、ecforceの機能アップデートなどECプラットフォームの改善に活かしていき、システムがメーカー事業のボトルネックにならない世界の実現を目指します。

 

■ 参考資料

【ecforce導入ショップ数/流通総額】

2017年のecforce正式リリース以降、導入ショップ数/流通総額ともに順調に増加しています。特に本年はEC化/EC強化を進めるブランドが多いこともあり市場全体が拡大。これに合わせてecforceもシェアを伸ばし、導入ショップ数は250ショップ、流通総額は500億円を突破しました。今後も法人エンタープライズ向けのECプラットフォームとして機能拡充を続けてまいります。

【現在販売準備中の商品】

脳科学とテクノロジーで「眠り」習慣を作る。 kipkip「おやすみプロジェクター」
商品概要: https://www.makuake.com/project/kipkip/

毎日のおしっこが、健康診断になる。 尿検査できちゃう猫砂「しぐにゃる」
商品概要:https://www.makuake.com/project/threes3s/

BACK

【メディア掲載】「日経XTECH」に弊社に関する記事が掲載されました

NEXT

年末年始休業のお知らせ

よりすぐれた制御力、可視性および柔軟性のための

さあ、ECでビジネスの
可能性を広げよう。

各サービスの導入や移行、
その他様々な運営のお悩みについてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ