基礎知識

物販ビジネスとは?種類やメリット・始め方からおすすめカートまで解説

物販ビジネスとは?種類やメリット・始め方からおすすめカートまで解説

この記事をシェア

この記事でわかること

    一般企業の副業解禁の流れから、物販ビジネスを始める人が増えています。物販ビジネスはインターネット環境と商品があれば誰でも始められるため、人気のあるビジネスモデルです。

    しかし、「物販ビジネスって一体何?」「物販ビジネスを始めるメリットを知りたい」と考えている人も多いでしょう。

    そこで本記事では、物販ビジネスの概要や種類、メリット・デメリットを解説します。物販ビジネスを始める際のポイントも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

    この記事を最後までご覧いただいた方のために、事業にすぐ使える実践フォーマットを配布させていただいております。ぜひご活用下さい。

    物販ビジネスとは?

    物販ビジネスとは、形のある物を商品として販売するビジネスを指します。例えば、仕入れた鞄をフリマサイトやオークションサイトで販売した場合、物販ビジネスは成立しています。

    ただし、情報や知識などの形のない商材を販売する場合は、物販ビジネスに分類されません。商品に実態がなければ物販ビジネスには含まれないため、あらかじめ把握しておきましょう。

    転売も物販ビジネスの一つ

    物販ビジネスを始めようと考えている人であれば「転売と物販って何が違うの?」といった疑問が出てくるでしょう。転売は物販ビジネスの分類の一つです。

    転売は別の場所から仕入れた商品に対して、利益を上乗せして商品を販売する方法です。物販ビジネスの一つであるため、種類に違いはありません。

    また、物販ビジネスや転売は、実店舗ではなくインターネットを活用して始めるケースが多いです。近年は様々なフリマアプリやオークションアプリが登場しているため、特別な知識やスキルがない人でもすぐに始められます。

    物販ビジネスの種類

    物販ビジネスは転売以外にも、様々な種類が存在します。具体的な物販ビジネスの種類は、以下の通りです。

    • 転売
    • せどり
    • 輸入・輸出販売

    せどりとは、仕入れた商品を第三者に販売する方法です。一般的には、中古品や海外で仕入れた商品を販売するケースが多く、商品を手に入れやすい点が特徴です。

    また、海外から商品を仕入れて販売する輸入販売、国内で商品を仕入れて海外で販売する輸出販売も物販ビジネスに含まれます。

    物販ビジネスを始めるメリット

    物販ビジネスを始めるメリットは、以下の通りです。

    • 少額の資金で始められる
    • スキマ時間でも続けられる
    • 収益を出始めると安定しやすい

    それぞれ順に解説します。

    少額の資金で始められる

    物販ビジネス最大のメリットは、少額の資金で始められることです。物販ビジネスを始めるには、特別な知識やスキルは必要ありません。特別な商品を取り扱わない限り資格も不要なため、誰でも始められます。

    また、商品を揃える際のコストを用意しておけば、コストをかけることなく稼げます。ランニングコストも梱包資材やサービス手数料程度です。

    小さい規模でビジネスを始められるため、初期費用・ランニングコストをできるだけ抑えてビジネスを始めたい場合には最適でしょう。

    スキマ時間でも続けられる

    物販ビジネスは、隙間時間でも始められるメリットがあります。物販ビジネスはインターネットをメインに進めるため、スマホやタブレットで作業が可能です。

    例えば、注文者とのやり取りや商品の出品など、隙間時間で進められる作業は数多く存在します。日中会社で働いていたり、主婦として家事をこなしていたりする人でも、空いた時間を効率的に活用が可能です。

    収益が出始めると安定しやすい

    物販ビジネスは、収支が出始めると運営に安定感が出てくるため、継続しやすいビジネスです。

    多くのビジネスは、安定させるまでに時間がかかります。一方、物販ビジネスは初期費用がかかるものの、利益率が高いため売上が発生すれば差分をすぐに無くなります。

    また、継続的にビジネスを続けることで、コツを掴み・効率的に商品販売が可能です。無駄をなくしてビジネスへ取り組むことで、安定した収益を得られるでしょう。

    物販ビジネスを始めるデメリット

    物販ビジネスを始めるデメリットは、以下の通りです。

    • 物販ビジネスを始める人が増えている
    • 在庫過多のリスクがある

    それぞれ順に解説します。

    物販ビジネスを始める人が増えている

    物販ビジネスは未経験でも参入難易度が低いため、近年始める人が急増しています。はじめやすさは物販ビジネスのメリットではありますが、デメリットにもなるため注意が必要です。

    また、競合他社が多いことから、ビジネスを継続しつつ独自性を出す必要があります。常に同じことを繰り返しているだけでは、競合他社に顧客を取られてしまいます。物販ビジネスが安定してきたら、他にはないオリジナリティを生み出すようにしましょう。

    在庫過多のリスクがある

    物販ビジネスは、実態のある商品を販売するため、仕入れる数を間違えると在庫過多になるデメリットがあります。

    商品の売れるペースや需要に合わせて仕入れる量をコントロールしなければ、売れ残ります。常に市場を見極めておかなければ、商品自体が運営の邪魔になります。物販ビジネスを行う際は、市場やトレンドリサーチを行いながら、適切な数を仕入れるようにしましょう。

    物販ビジネスを始める際のポイント

    物販ビジネスを始める際は、以下2つのポイントを押さえておきましょう。

    • 個人での物販ビジネスには限界がある
    • 事業としてD2Cを始める場合は製造から自社で対応が必要

    物販ビジネスは商品を仕入れて販売する形態ですが、規模が大きくなるにつれて個人では対応しきれなくなります。売上を上げるためには、一定数の在庫を保管し、フルフィルメントに対応が必要です。そのため、個人での物販ビジネスには限界があると把握しておきましょう。

    また、物販ビジネスと相性の良いD2Cを始める場合は、仕入れではなく自分で制作する必要があります。これまでの物販ビジネスの形態と異なるため、あらかじめ注意しましょう。

    物販ビジネスを拡大するなら「ecforce」がおすすめ

    物販ビジネスを法人として始めようと検討している人は「ecforce」がおすすめです。

    ecforceは、平均年商2億円以上を目指せるECプラットフォームです。ノーコードでブランドに合わせた、独自性のあるデザインによるサイト作成を進められます。

    また、マーケティングによる費用対効果の最大化、アプリを活用することで様々なAPIと連携が可能です。ビジネスの立ち上げからグロースまでサポート可能なため、未経験でもご安心ください。

    ただし、ecforceは法人向けサービスとなるため、今後の成長を見越して個人でなく法人として物販ビジネスを始める方におすすめです。

    物販ビジネスまとめ

    以上、物販ビジネスの概要や種類、メリット・デメリットを解説しました。

    物販ビジネスは未経験でも、特別なスキルや技術が不要なため、未経験でも始めやすいビジネスです。ビジネスの種類も豊富なため、自分に合った内容を選択できます。

    ただし、物販ビジネスは個人ではどうしても限界があり、リソースの不足や事業拡大が難しくなります。物販ビジネスの基礎を掴んだ場合は、法人化して事業自体の拡大を目指してみましょう。

    最後に、私たちのこともご紹介させていただきます。

    D2C顧客体験型ECプラットフォーム「ecforce」を企画・開発する私たちSUPER STUDIOは、自社でもブランド立ち上げを行っており、日々ノウハウを貯めています。

    常に様々なビジネスモデルにチャレンジしており、以下のようなブランドの事例に加え、2022年1月時点で50件近くの支援実績があります(詳しくは以下の画像をご覧ください)。

    • ふつうのマヨネーズ
    • GO WITH WHITE.
    • しぐにゃる
    • kipkip
    • groomin
    • CILY 他

    また、これらの事例で培ったノウハウを基に、EC・D2Cビジネスを総合支援するecforce teamsを展開していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

    ecforce teamsへのお問い合わせ

    100社を超える認定パートナー様とのリレーションを活用し、製造、マーケティング、物流、コールセンターなど、ECビジネスに必要な全領域におけるフルサポートをさせていただける体制が整っております。

    100ロットから製造可能なOEM様など、弊社経由でのご紹介でご用意いただける特別なプランを用意いただいている事業者様も多数ございます。

    「いまは、問い合わせをするほどではない」。そういった方は、おそらく自ら商品開発・OEMをご検討しているかと思います。

    その際は、以下からECの商品開発・OEMをぜひご覧ください。商品開発・OEMの極意を事例ベースで解説しているので、御社事業に役立つ情報があるはずです!

    「10分でわかるEC商品開発」ダウンロード

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    ecforce導入
    ショップの平均年商

    1.5 億円

    (業界最高)

    他社カートからの
    乗り換え後のCVR最大

    309 %

    アップ

    立ち上げからカート
    システムの運用まで

    1on1

    手厚いサポート

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ