プラクティス

無料ECカートのメリット・デメリットとは。人気無料ECカートを比較

無料ECカートのメリット・デメリットとは。人気無料ECカートを比較

この記事をシェア

この記事でわかること

    ECサイトに欠かせないECカートは、無料と有料の2種類あります。

    無料ECカートは、初期費用が抑えられ手軽にECサイトを開設できるメリットがある一方で、機能やデザインに制限があります。

    こちらの記事では、無料ECカートのメリットとデメリット、ECカートの選び方について解説します。

    ECカートとは

    ECサイトを開設するには、サイトで物やサービスを売買できる仕組みを作る必要があります。その仕組みづくりに欠かせないのがECカートです。

    ECカートとは、ECサイトで商品を売買するためのソフトウェア・サービスであり、導入することで商品画像の掲載やECサイト上で決済が可能になります。

    ECカートの仕組み・種類

    ECカートは、ASP型・SaaS型、パッケージ型、フルスクラッチ型の大きく3種類に分かれます。ASP型・SaaS型はクラウド上でECサイトを構築する方法です。

    ECカートを一から構築のための開発能力や予算がなくてもECサイトがつくれるため、始めやすいのが特徴です。一方、デザインや機能が制限されているものもあるため、オリジナリティが出しにくいケースがあります。

    パッケージ型は、ソフトウェアの購入やオープンソースのシステムを使ってECサイトを構築する方法です。自分でカスタマイズできるためASP型・SaaS型よりも自由度が高いことがメリットです。一方、構築やカスタマイズに手間やコストがかかり、専門知識や経験を必要とします。

    フルスクラッチ型は、ECサイトを一から作る方法です。必要な機能やデザインを全て構築するため、完全オリジナルのECサイトを構築できます。設計から開発まですべて行う必要があり、多大な工数や費用が必要になります。

    無料ECカートのメリット・デメリット

    無料ECカートを導入する場合、基本的にはASP型・SaaS型から選ぶことになります。ASP型・SaaS型の無料ECカートのメリット ・デメリットは以下の通りです。

    メリット 

    • 固定費を安く抑えられる

    無料のECカートは初期費用や月額費用がかかりません。費用を安く抑えられるため、手軽に始められるのがメリットです。

    • 簡単にECサイトを開設できる

    これまでECサイトを開設する場合は専門知識が必要でしたが、無料のECカートは初めてECサイトを開設する人をターゲットとしているため、ECサイトの開設経験がなくても開設しやすいのが特徴です。自分でサーバーを用意する手間もありません。

    デメリット

    • デザインの自由度は低い

    無料ECカートは、基本的には決められたテンプレートの中からデザインを決めなければいけません。デザインをカスタマイズしたい場合はHTML編集のある無料ECカートを利用するか、有料のECカートを利用する必要があります。

    • 機能が制限されている

    無料のECカートは一部機能が制限されている場合があります。たとえば、独自ドメインの取得などはECカートによってはできない場合があり、有料のプランに加入する必要があります。

    無料ECカートの比較

    近年、さまざまな無料ECカートが登場しており、機能やデザインは多岐にわたります。無料ECカートを検討している方は、選び方や注意点をおさえておきましょう。

    無料ECカートの選び方

    まずは、無料ECカートの選び方です。無料ECカートを選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

    ECサイトの規模

    ECサイトの規模によって最適なECカートは異なります。ECサイトで目指す売上規模が個人レベルではなく、企業レベルである場合、ASP型・SaaS型のなかでも機能が多く、自由度が高いものやパッケージ型、フルスクラッチ型が向いていると考えられます。

    一方、ECサイトの規模がそれほど大きくないのであれば費用が安く抑えられる安価なASP型・SaaS型が向いているケースが多いでしょう。

    決済手段

    ECサイトでは、クレジットカード、代引き、コンビニ決済の基本的な決済方法に加えて、PayPalや楽天ペイなど決済方法が多様化しています。ECカートによって対応可能な決済方法の種類は異なるため、決済方法を確認しましょう。

    扱う商品とカートの相性

    取り扱う商材やブランディングもECカート選びの際に影響します。たとえば、アパレルや化粧品などデザイン重視のECサイトを開設したい場合は、デザインをカスタマイズできるECカートを選ぶ必要があります。

    一方、取り扱う商品数も少なくブランドイメージをそれほど重視しない場合は、手軽に始められる安価なASP型・SaaS型を導入するかECモールに出店する方法もあります。

    無料ECカートの注意点

    手軽に始められるECカートですが、一方で注意点もあります。

    運用費

    初期費用を抑えられる無料ECカートですが、ECサイト開設後には決済手数料が発生します。決済手数料とは、クレジットカード決済やキャリア決済が行われた際に支払う手数料です。決済手数料の他に、ECカートによっては販売手数料や事務手数料が発生する場合があります。

    無料ECカートは、初期費用や月額が低い分、手数料が高く、売上が伸び始めた段階で利益を圧迫する可能性があるため、安定的な売上成長を目的にECを運用する場合は注意が必要でしょう。

    独自ドメイン

    独自ドメインとは、「〇〇.com」や「〇〇.jp」などECサイト独自のURLです。無料ECカートでは基本的に独自ドメインではなく、共有のドメインになります。共有のドメインの場合、ECカートのサービス終了に伴いECサイトが利用できなくなる可能性があります。

    スマートフォン対応

    ECサイトを開設する場合にはスマホ対応の有無も重要です。スマートフォン対応でない場合、スマホでECサイトにアクセスした際にPCサイトにて表示され文字や画像サイズが崩れ利用者は見づらさを感じます。

    無料のECカート比較

    さまざまな無料ECカートがありますが、ここではSTORES、カラーミーショップ 、BASEの無料ECカートをご紹介します。

    STORES


    STORES

    STORESは毎月1万ショップが開設するサービスです。プランは、月額費用が無料のフリープランと月額2,178円のスタンダードプランの2種類あります。

    • 商品登録数無制限
    • データ容量無制限
    • 楽天Pay、PayPal対応

    フリープランも充実していますが、スタンダードプランに加入した場合は独自ドメインの取得やAmazonPayの決済が利用可能になります。また、決済手数料もフリープランでは5%ですが、スタンダードプランでは3.6%とお得になります。

    カラーミーショップ


    カラーミーショップ

    カラーミーショップはGMOペパボが提供するECカートです。STORESと同様に、フリープランと有料プランが用意されています。

    • 商品登録数無制限
    • HTML編集
    • デザインテンプレート数80種類以上
    • 電話サポート

    カラーミーショップの特徴は、デザインや機能の外注をしやすい点です。無料ECカートの場合デザインの自由度が低いことが難点でしたが、カラーミーショップではデザイン制作や機能のカスタマイズを請け負う制作会社が多数あるためオリジナルのECサイトを作成できます。

    BASE


    BASE

    BASEは開設数150万を超える無料ECカートです。初期費用・月額費用は無料で、PayPalやAmazonPayの決済方法に対応しています。

    • 商品登録数無制限
    • データ容量無制限
    • HTML編集

    BASEの特徴は、サポート体制が充実している点です。集客・販促サポートでは、メールマガジンやクーポン発行、Instagramへの広告出稿などがあります。

    さらに、伊勢丹新宿本店やルクア・ルクアイーレ大阪へのポップアップ出店など実店舗の集客にも力を入れています。

    有料のECカートにした方が良いケース

    企業として運営する規模のECサイトを開設する場合やサイトコンセプトを重視する場合は、有料のECカートが向いているケースが多いでしょう。

    無料ECカートは初期費用は無料であるものの、商品が売れた場合に決済手数料が発生します。比較的大規模な売上を見込むECサイトの場合は、結果として手数料により費用が大きくかかってしまう可能性があります。

    また、無料ECカートの場合、デザインはテンプレートから選ぶのが基本です。サイトコンセプトを重視する場合は、デザインをカスタマイズできる有料ECカートで構築するパターンを検討しましょう

    あらゆるビジネスのEC化をするプラットフォーム「ecforce」

    ecforceは法人向けの有料ECカートで、あらゆるビジネスのEC化を支援できるのが特徴です。簡単にショップの作成ができることはもちろん、UI・UXのカスタマイズやマーケティングの改善による売上の最大化をサポートする機能など、ECサイト運営に必要なあらゆる機能が用意されています。

    サポート体制も充実しており、契約から導入後までメール、チャットワークなどでのサポートが受けられます。プランは月額49,800円からあり、ECサイト運営に必要なプランニングやオペレーションに関してのサポートを受けられるプランもあります。

    ecforceの詳細はこちら

    ポイントを抑えて最適なECカートを選ぼう

    無料ECカートについて解説しました。無料ECカートは初期費用や固定費を抑えられ、これまでECサイトを開設したことがない方で、小規模に運営していく方に合っていると言えるでしょう。

    一方でデザインや機能が限られており、カスタマイズの自由度は低いというデメリットもあります。

    ECサイトのデザイン性やサイトコンセプトを重視する方は、HTML編集が可能な無料ECカートを選ぶか有料ECカートを選ぶなど、費用だけにとらわれず自分に最適なECカートを選ぶようにしましょう。

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    ecforce導入
    ショップの平均年商

    1.5 億円

    (業界最高)

    他社カートからの
    乗り換え後のCVR最大

    309 %

    アップ

    立ち上げからカート
    システムの運用まで

    1on1

    手厚いサポート

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ