プラクティス

おすすめD2C支援サービスを見極める3つのポイント

おすすめD2C支援サービスを見極める3つのポイント

この記事をシェア

この記事でわかること

    最近では「D2C」が多くのメディアを賑わせるようになりました。

    注目度は高まる一方ですが、実際にD2Cで事業を立ち上げようとすると、当然ながら様々な困難が待ち受けています。

    全てを内製する選択肢もありますが、事業成長のスピードを考えると、適切な会社に支援を求める必要がでてきます。

    そこで今回はD2C支援サービスの活用を検討する方向けに、どのようなポイントでサービスを見極めれば良いのかをお伝えします。

    最後に自信をもっておすすめできるサービスのご紹介もあるので、ぜひ最後までお読みください。

    D2Cで支援を求める主な領域

    最初に考えるのは、「D2Cのどの領域で支援を求めるか?」ということです。

    「D2Cは総合格闘技」とはよくいったもので、「モノを作って売るだけ」といった簡単な話ではありません。実に様々な要素で構成されています。

    そこで支援を求める領域を、以下の2つに分けて考えることにしましょう。

    • 立ち上げ時に求める領域
    • より本格的に事業を行う時に求める領域

    立ち上げ時に求める領域

    D2C立ち上げ時に求める領域としては、以下の4つがあります。

    • OEM選定と調整
    • コール・ロジ選定と立ち上げ支援
    • 立ち上げ後のショップ運営代行
    • CRM施策設計と実行

    それぞれどのような支援が必要かを見ていきましょう。

    OEM選定と調整

    OEMとのリレーション構築から、商品ジャンルや重視すべき要素に応じた最適な企業選定、製造のディレクションやタスク進行管理が必要です。

    仮に「どのような商品を作りたいか?」というイメージがあっても、要件定義をして商品として具現化するまでに、想像以上に多くのやりとりがあります。

    コール・ロジ選定と立ち上げ支援

    月間獲得想定数や、目標LTVに合わせた企業選定だけでなく、既成フルフィルメントの適正診断やオペレーション構築が求められます。

    ブランドの特性や規模を理解した上で、適切なコールセンター ・ロジスティックスを選定することは一筋縄ではいきません。また選定後のオペレーション構築についても同様です。

    立ち上げ後のショップ運営代行

    受発注業務や倉庫・コール連動型オペレーションの構築、LTV最大化のための打ち手立案等、運用に関わる全ての支援が必要です。

    D2Cは全ての領域が連動しています。ショップ運営は、コール・ロジも包括した全体のオペレーションを円滑に回す高いスキルが求められます。

    CRM施策設計と実行

    現状の数字分析をもとにLTVを最大化するための施策立案と実行。同梱物の制作から顧客対応までの幅広い支援があると良いでしょう。

    LTV最大化のために多くの打ち手があります。その時の状況に応じて、どの打ち手が最適なのかを判断する経験が求められます。

    より本格的に事業を行う時に求める領域

    立ち上げのフェーズが過ぎると、より本格的に事業を行うために求める領域が出てきます。

    それは以下の3つです。

    • マーケティングプランの設計と実行
    • 商品企画・戦略
    • KPIモニタリング及びPLの管理/改善

    それぞれ見ていきましょう。

    マーケティングプランの設計と実行

    PDCAを高速に回しながら、戦略や予算に合わせたマーケティング施策を実行する必要があります。

    広告だけでなく、メディア出稿や芸能人活用など、幅広い施策をカバーした戦略を練る能力が求められます。

    商品企画・戦略

    自社のアセットを活かして、長期的な価値を生み出すブランド創造、及びビジネスモデルの提案が必要です。

    支援サービスを活用する場合、支援会社と一緒に商品開発をすることも可能です。(※支援のサービス内容によります)

    KPIモニタリング及びPLの管理/改善

    他社の成功事例やデータをを参考に、課題に応じた打ち手を考える必要があります。

    KPIの作成と、その達成に粘り強くコミットしていかなくてはなりません。

    このように、D2Cの支援は事業開始前の検討段階から事業開始後のスケール施策まで、幅広い領域で行われるものが望ましいと言えます。

    D2C支援サービスを見極める3つのポイント

    D2C支援サービスは世に多くありますが、良いサービスを見極めるには以下の3つのポイントがあります。

    • 幅広い領域で支援できるか?
    • 経営目線と実績を踏まえたサービス提供ができるか?
    • プロ人材をアサインできるか?

    それぞれ見ていきましょう。

    幅広い領域で支援できるか?

    これは前章で説明した通りです。

    事業開始前の検討段階から事業開始後のスケール施策まで、幅広い支援ができるかが見極めのポイントです。

    経営目線と実績を踏まえたサービス提供ができるか?

    D2Cは事業なので、経営目線が必要であるのは当然です。そして同時にメーカーでもあるので、メーカーとしての経験や実績も求められます。

    検討中の支援サービスが事業に強いのはさることながら、メーカーの経験や実績があった方がよりD2Cの支援サービスとして良いのは自明のことです。

    メーカーにはメーカーの事情があり、フェーズごとに必要なデータも異なります。その点も踏まえて、事業者に寄り添ってくれるサービスを選定するのが良いでしょう。

    プロ人材をアサインできるか?

    どんな人が支援するのかも、重要なポイントです。

    繰り返しますが、「D2Cは総合格闘技」です。D2Cの各業務に幅広く対応できる人を、すぐ採用したり教育したりするのは容易ではありません。(コストも時間もかかります。)

    支援サービスがプロ人材をアサインしてくれれば、採用コストや教育コストをかけず、働く場所やPCなどのオフィス環境を整えることなしに、プロジェクトを推進することができます。

    D2Cは急成長スタートアップが多いことからも見受けられるように、スピードが非常に重要です。ゆっくり取り組んでいると、別のD2Cメーカーにあっさり先を越されてしまいます。

    支援先がプロ人材をアサインしてくれるかどうかは、事業者にとって大きなメリットになるでしょう。

    「Apollo D2C」のご紹介

    最後に私たちのサービス、「Apollo D2C」についてご紹介させてください。

    「Apollo D2C」とは?

    「Apollo D2C」は、必要な業務のみを月額3万円から委託可能なD2C支援サービスです。

    事業立ち上げを20以上経験してきた私たちSUPER STUDIOが、独自の知見やノウハウをご提供します。

    事業開始前の検討段階から事業開始後のスケール施策まで、幅広いフェーズにおける支援が可能なので、必要に応じて活用することができます。

    ちなみに「Apollo D2C」の由来は、とある宇宙船のように夢を叶えるパートナーになりたいという想いを込めて名付けられました。

    「Apollo D2C」の導入メリット

    D2C支援サービスを見極める3つのポイントは全てクリアしています。

    • 幅広い領域で支援できるか?
    • 経営目線と実績を踏まえたサービス提供ができるか?
    • プロ人材をアサインできるか?

    さらに各業務の担当者が私たちを起点にコミュニケーションを行うため、情報の行き違いが起きにくく、円滑にプロジェクトを推進しやすい環境が整っている点もメリットとして挙げられます。

    「Apollo D2C」の強み

    私たちの強みは、自社で運営するEC基幹システム「EC Force」があることです。

    D2C事業を運営してきた経験だけでなく「EC Force」に蓄積し続けているビッグデータもあるため、最新かつ広範囲、経営目線と実績を踏まえたサービス提供が可能です。

    さらに私たちは自社でメーカーをやっていたことがあります。

    メーカー側がそれぞれのフェーズでどんなことを求め、どんなデータが必要なのかを経験から理解しているので、より企業様に寄り添った提案ができるのです。

    ここまでご一読いただき、ありがとうございました。

    「Apollo D2C」に興味を持っていただけたら、気軽にお問い合わせくださいませ。

    ご連絡お待ちしています!

    D2C支援サービス「Apollo D2C」のお問い合わせ

    EC基幹システム「EC Force」のお問い合わせ

    SUPER STUDIO コーポレートサイト

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    ecforce導入
    ショップの平均年商

    1.5 億円

    (業界最高)

    他社カートからの
    乗り換え後のCVR最大

    309 %

    アップ

    立ち上げからカート
    システムの運用まで

    1on1

    手厚いサポート

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ