基礎知識

事業計画において物流のことはいつから考えるべきか?

D2C
事業計画において物流のことはいつから考えるべきか?

この記事をシェア

この記事でわかること

    物流のことはつい後回しにしがちです。

    しかし、物流のことを考えずにいると、想定以上のコストがかかったり、そもそも事業継続自体が困難となることすらあり得ます。

    では、物流のことはいつから考えるべきなのでしょうか。
    ずばり、はじめから、なのです。

    事業計画のはじめから物流を考慮すべき理由

    物流のことをはじめから考えず、「あとで考えよう」と思っていた場合、どんなことが起きるでしょうか。これから書く事例は全く珍しいものではなく、EC業界においてしばしば起きることです。

    それでは見ていきましょう!

    1.採算計画がズレてしまう

    物流のことを考えず、採算計画を立てたため、予算と実績の乖離が激しくなった。

    例:物流のコストが考えていたよりも高かった。

    採算計画には様々な角度から収益と支出を計算しますが、もちろん、物流も例外ではなく、計算の対象です。

    「物流にいくらかかるのか?」をきちんと考えて、正確な想定を行っていなければ、その採算計画はほとんど間違い無く、外れることになるでしょう。

    2.想定以上のコストがかかる

    物流のことを考えず、商品など(商品、配送箱、同梱物など)の企画/設計を行なったため、商品などを発送できない、もしくは、無理なコストがかかることになった。

    例:規格が合わなかった。

    安い輸送手段としてネコポスを使うつもりでいたのに、企画/設計段階において、「厚さ2.5mm以下」におさまらないサイズにしてしまうと、ネコポスを使うことができません。

    ネコポスを使えないとなると、60サイズで配送することになります。これは倍に近いコストになります。

    前項にも関わって、想定のコストが変わるので、採算計画が崩れますね。

    また、配送会社(ヤマト運輸や佐川急便など)が運べる規定の商品などでないと、そもそも配送してもらえないことすらあります。

    これではもはや事業が成り立ちません。サイズや重量、品目、法令などについて、予めよくよく考えておくことは必須と言えるでしょう。

    3.オペレーションが大変になる

    物流のことを考えず、オペレーションを組んだため、膨大なオペレーションコストがかかることになった。もしくはそもそも不可能なオペレーションだった。

    例:オペレーションに無理が生じた。

    自社作業や物流委託先とのデータのやりとりなどについて、日間どれだけの人数や時間がかかるか想定/計算をしていなかったため、想定以上の人件費がかさむことがあります。

    使用するシステムと物流委託先との相性や、それに応じたオペレーションをどのように組むかは予め考えておくべき点でしょう。

    また、事業内容によっては、そもそも物流委託先では不可能なこともあります。
    前広に打ち合わせをすることで、事業スタート目前になって「やっぱりできない」となってしまうことを防ぐことができます。

    これらのバッドケースはすべて、はじめから物流のことを考えていれば防げたことです。

    こういったことをが起きてしまわないように、物流のことははじめから考えておく必要があります。

    はじめから物流のことを考えよう

    以上のように、物流のことははじめから考えなくてはいけません。

    特にターニングポイントとなるところは下記の3点です。

    ・事業計画時点
    ・商品/配送資材/同梱物の企画/設計時点
    ・自社で作業オペレーションを組む/他社に作業を委託するオペレーションを組む時点

    しかし、いずれも、そのときだけ考えればいいというものではありません。

    事業計画時点で想定した物流コストは、その後、商品の仕様や配送資材の詳細が決まってから、変わっていることの方が普通です。商品等の設計中は、事業計画に立ち返って採算を見直しながら行い、設計が終われば、それに沿ってもう一度事業計画を修正しましょう。

    オペレーションを組む時点でも同様のことが言えます。予め想定した段取り通りに進められることの方が稀です。やはり、オペレーションが決まった後も、事業計画が正しいものになるように更新しましょう。

    何からはじめるべきなのか?

    「物流のことを考える」と、ひとことに言ってもどのような項目があるのか、どんなことについて考えればいいのか、なかなかわからないものだと思います。

    重要なことは想像することです。

    例えば、商品を設計し終わり、製造を委託します。製造が完了したら商品を保管することになります。そのコストはどのようなものになるでしょうか?どこかの倉庫に保管すればいくらかの支出があるでしょう。自社オフィスであれば支出はありませんが、自社オフィス内のスペースを圧迫するでしょう。

    また、いざ注文があり、商品を発送することを想像します。これを委託する場合、どんな作業が必要で、どんな点に気をつけなければならないでしょうか?その作業はどれくらいの料金がかかるでしょうか?

    自社で発送作業を行う場合、どれだけの人数でどれくらいの時間がかかるでしょうか?

    これら一連のことを想像すると、想定がリアルなものとなります。リアルな想定があれば、想定外のトラブルは減り、円滑な事業運営に近付くことでしょう。

    まとめ

    事業の立ち上げには商品企画やマーケティング、会計など、あらゆるものを考える必要があります。

    しかし、それは物流とて例外ではありません。

    物流のことも後回しにせず、はじめから物流のことを考えて、リアルな想定をし、円滑な事業運営を目指しましょう。

    【最後に】
    ここまで読んでいただきありがとうございます。ここで最後にecforceのご紹介をさせていただきます。

    ecforce(イーシーフォース)は日本国内のEC・D2Cビジネスの現場を知り尽くした、わたしたちSUPER STUDIOが提供する国産SaaS型ECシステムです。EC・D2Cサイト構築の際の要件定義から成長拡大まであらゆるフェーズをサポートします。

    累計1,000以上のショップ様に導入されている国産SaaS型ECシステム「ecforce」。さらなる実績や機能のご紹介は以下からご覧ください。

    ecforceには、主に3つの特徴があります。

    特徴1. EC/D2Cビジネストレンドを踏まえた最先端のシステム

    豊富な搭載機能/カスタマイズ性/アップデートスピードでEC事業スタート・カート切り替えに対応。毎月平均で10-20個の新機能をリリース。

    特徴2. 売上を最大化する多彩なマーケティング機能

    クライアントニーズや自社経験を元にトレンドを抑えてた「効果がある」機能を搭載。「広告改善・CVR向上」や「LTV向上/CRM最適化」まで顧客獲得〜リピート化といった各フェーズに対応した機能群で、マーケティング施策を一貫して実施できます。

    特徴3. CSオペレーションやシステム運用工数を削減

    CSオペレーションや広告管理といったEC運営では工数がかかり煩雑化する業務も自動化と操作性の高いUIで効率化。運営コストを削減します。

    「ecforce」は、ECサイトの構築はもちろん、サイトを開設したあとの機能も充実。売上を上げるための豊富な機能からコストを削減する仕組みまで、ECビジネスの成長をサポートします。

    ご興味がある方はぜひ、以下からお問い合わせをいただければ幸いです。

    ecforce公式サイト

    その他、ecforce公式サイトでは、弊社が実事業経験から得たEC/D2Cノウハウを無料ebookで多数公開しております。弊社が独自に提供しているノウハウをたくさんご活用下さい。

    無料ebookはこちら 

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    平均年商

    2 億円

    以上 ※1

    売上

    230 %

    UP ※2

    継続率

    99.7 %

      ※3

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?
    ※1:稼働済みショップの平均年商 / 集計期間 2021年7月~2022年6月
    ※2:ecforce導入クライアント38社の1年間の平均データ / 集計期間 2021年7月と2022年7月の対比
    ※3:事業撤退を除いたデータ / 集計期間 2022年3月~2022年8月

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ