プラクティス

ECサイトやモール、Webショップは何が違う?用語解説やECサイトの事例を紹介

ECサイトやモール、Webショップは何が違う?用語解説やECサイトの事例を紹介

この記事をシェア

この記事でわかること

    近年、楽天やAmazonに限らずさまざまなECサイトが存在していますが、そもそもECサイトとは何なのでしょうか?

    こちらの記事ではECの用語解説からECサイトの基礎知識について解説します。また、記事後半ではECサイトの事例についてもご紹介するので、ぜひご確認ください。

    ECとは

    ECサイトのECとはそもそも何なのでしょうか。まずはECの意味から解説します。

    ECの用語解説

    そもそもECとはelectronic commerceの通称であり、eコマースとも呼ばれます。日本語では電子商取引といい、ECはインターネット上で物やサービスを売買することを指します。

    アパレルや化粧品などの通販に加えて、ネットオークションや音楽・動画の有料配信もECに含まれます。

    Webショップとの違い

    ECはインターネット上で行われる売買の全体を指し、一方のWebショップは売買が行われるWebサイトを指します。

    Webショップの他に、ネットショップやECサイトと呼ばれることもあり、様々な表現がされます。

    ECサイトとは

    ECとは、electronic commerceの通称で電子商取引を指します。では、ECサイトとは何かを詳しくみていきましょう。

    ECサイトとは

    ECサイトとは、インターネット上で売買を行うWebサイトです。ECサイトは企業やアパレルが独自に開設する通販サイトに加えてAmazonや楽天などもECサイトに含まれます。

    ECサイトの種類

    ECサイトは、自社サイト型とモール型の2種類に分けれられます。では、それぞれの種類のECサイトのについて詳しくみていきましょう。

    自社サイト型

    自社サイト型は、企業やブランドが独自にECサイトを開設するタイプです。たとえば化粧品会社による自社の化粧品の通販サイトは自社サイト型になります。自社サイト型の特徴は、運営会社が独自にオリジナルのECサイトを構築していることです。

    ECサイトのデザインや機能を自由にカスタマイズできるため、独創性があるECサイトを構築可能です。ただし、ECサイトを構築するために手間や費用がかかります。

    大規模なECサイトを作る場合、費用は数百万~数千万円必要になるケースもあります。

    モール型

    モール型は、Amazonや楽天のようなモールが提供するECサイトです。企業やブランドが独自にECサイトを持たずに、モールに出店するだけでインターネット上で販売が行えます。

    モール型の特徴は自社サイト型に比べ、費用や手間をかけずに始められる点です。ECサイトを独自に構築する必要がなく、さらにAmazonや楽天のような多くのユーザーが利用しているモールであれば集客が不要です。

    一方、デザインや機能の選択の幅はモールに依存するため、オリジナルのECサイトを構築したい方には不向きな場合があります。

    さらに、モールに出店する際には出店費用や売上に対しての手数料が発生することや競合他社が多いケースがあり、自社の商品が埋もれてしまうリスクがあります。

    ECサイトの仕組み

    ECサイトにはECカートと呼ばれるソフトウェア・サービスが必要です。ECカートとはWebで物やサービスの販売をするためのソフトウェア・サービスです。

    ECカートを導入することで、利用者がECサイトで商品選びや決済が可能になります。たとえば、ECサイトで商品を購入する際、「カートに入れる」というボタンを押すとカートの中に商品が追加されるのはECカートの機能によるものです。

    ECサイト運営者が購入者への注文確定メールや商品発送メールなどの配信、購入者データの管理が可能になるのもECカートの機能によるもので、ECカートによってはクーポンの発行や自動ポイント付与の機能も備わっています。

    ECサイトの活用

    ECサイトは、BtoBやBtoCに関わらず活用されていて、日本国内では、2020年のBtoCのEC化率※が8.08%、BtoBのEC化率が33.5%となっています。

    EC化率は年々増加しており、家電や家具、衣類、書籍など物販だけではなく、フードデリバリーや音楽配信、動画配信など様々な領域でEC化が進んでいます。

    ※ 全ての商取引金額(商取引市場規模)に対する電子商取引市場規模の割合(令和2年度電子商取引に関する市場調査)

    ECサイトは例えばどのような物があるか

    では、実際にどのようなWebサイトがあるのか事例をいくつかみていきましょう。

    ユニクロ

    大手アパレルメーカーのユニクロは、EC事業に力を入れ成功した企業の1つです。ユニクロはファッションと相性の良いSNSを活用し、ECサイトへ多くのユーザーを流入させたといわれています。

    加えてモバイル会員やクーポン発券、レビュー投稿機能の設置なども行い、さらなるEC事業を拡大させています。

    北欧、暮らしの道具店

    北欧インテリア雑貨を中心に取り扱う北欧、暮らしの道具店は、月間PV数1,300万を超えるECサイトを運営しています。

    北欧、暮らしの道具店もECサイト内のメディアが充実しており、スタッフによる商品のレビューや愛用品などを掲載し自社のファンの獲得に繋げています。

    モノタロウ

    モノタロウは事業者向けのECサイトで、工業用間接資材を販売しています。工具のアマゾンと呼ばれていて、1800万点の商品を扱い、当日出荷できる商品も60万点あります。

    中小企業にとって、リーズナブルな価格で小ロットから発注できることがメリットになり、多くの企業に活用されるECサイトになっているようです。

    ECサイト構築のためのシステム

    上述のようにECサイトを構築するためにはECカートが必要です。ECカートは、ASP・SaaS型、パッケージ・オープンソース、フルスクラッチの大きく3種類あります。

    ASP・SaaS型はクラウド上でECサイトを構築する方法パッケージ ・オープンソースは、ECサイトのベースとなるソフトウェアを導入し自分でカスタマイズしながらECサイトを構築する方法、フルスクラッチは、1からECサイトを構築することを指します。

    商材や規模などによって適切な構築方法は異なります。また、それぞれメリット・デメリットがありますので、ビジネスに合った構築方法を選択するようにしましょう。

    <関連記事>

    ECカートとは。ECサイト開設に必要なECカートの種類や機能を解説

    あらゆるビジネスのEC化をするプラットフォーム「ecforce」

    ecforceは法人向けの有料ECカートで、あらゆるビジネスのEC化を支援できるのが特徴です。

    機能としては、簡単にECサイトの構築ができることはもちろん、商品管理やポイント設定、顧客管理など基本的な機能に加えて、さまざまなマーケティングやCRMなどに必要な機能が網羅されています。

    月額49,800円から利用可能で、メールや電話でのサポート体制も備わっています。

    ecforceの詳細はこちら

    成功事例を参考にECサイトを始めてみましょう

    ECサイトについて解説しました。ECとはインターネット上での売買を指し、物やサービスの売買が可能なサイトがECサイトです。近年EC市場の拡大に伴い、さまざまな企業やブランドがECサイトの運営を始めています。

    ECサイトの開設を検討している方もいらっしゃるかもしれませんが、ただ始めればいいというものではなく、ECサイトの目的やターゲットにどのような価値を提供できるかなど考慮しなければなりません。

    正しい知識を身につけ、ECサイトで成功を納めた事例を参考にECサイトを始めてみましょう。

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    ecforce導入
    ショップの平均年商

    1.5 億円

    (業界最高)

    他社カートからの
    乗り換え後のCVR最大

    309 %

    アップ

    立ち上げからカート
    システムの運用まで

    1on1

    手厚いサポート

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ