プラクティス

ECサイトとLP(ランディングページ)の違いとは。LPの活用例についても解説

ECサイトとLP(ランディングページ)の違いとは。LPの活用例についても解説

この記事をシェア

この記事でわかること

    インターネットで物やサービスを販売する手段として、ECサイトやLP(ランディングページ)などがあります。

    EC市場の拡大に伴い手軽にECサイトやLPを作成できるようになりましたが、これまで利用したことがない方のなかには、ECサイトとLPの違いがわからない方がいらっしゃるかもしれません。

    ECサイトもLPもWebサイトの1種ですが、それぞれ意味が異なります。こちらの記事ではECサイトとLPの基礎知識とそれぞれの違いについて解説します。

    ECサイトとは

    新型コロナウイルスの影響により巣篭もり需要が高まり、EC市場は拡大傾向にあります。しかし、そもそもECサイトとは何なのでしょうか?まずはECサイトの基本をみていきましょう。

    ECサイト

    ECサイトのECとは、Electronic Commerceの通称であり、インターネット上で売買が行えるサイトをECサイトといいます。ECサイトは、自社サイト型とモール型の大きく2種類に分かれます。

    自社サイト型は企業やブランドが独自に開設するECサイトで、モール型はAmazonや楽天などが提供するECサイトです。

    自社サイト型は、企業やブランドが独自のECサイトを作り上げます。デザインや機能は商材や販売方法に合わせてオリジナルにカスタマイズするECサイトです。

    モール型は、Amazonや楽天のようなモールが提供するECサイトです。企業やブランドが独自にECサイトを持たずに、モールに出店するだけでインターネット上で販売が行えます。

    ECサイトの仕組み

    ECサイトはWebサイト上で商品選びから決済手続きまで行います。ECサイトがWebサイト上で物やサービスの販売が可能なのは、ECカート機能によるものです。

    ECカートとはWebで物やサービスの販売をするためのソフトウェア・サービスであり、導入することで利用者が買い物かごへの商品を追加し、配送先や配送方法の指定、そして決済が可能になります。

    さらに、Webサイト運営者側は購入者への注文確定メールや発送メールなどの配信、購入者データの管理も可能になります。

    ECサイトとLPの違い

    インターネット上で物やサービスが販売できるECサイトですが、同じくLPも商品の販売が可能なWebサイトと言えます。では、次にECサイトとLPの違いをみていきましょう。

    LPとは

    LPとはランディングページの通称であり、ユーザーが最初にアクセスしたページをいいます。ただし、LPにはもう1つの意味合いも含まれます。

    広義のランディングページ

    ランディングページを広義に捉えると、上述のようにユーザーが最初にアクセスしたWebページです。

    たとえば、検索エンジンでコーポレートサイトを調べた場合に最初にアクセスしたトップページが広義のランディングページとなります。

    Web広告やメルマガを経由して最初にアクセスしたWebページも広義のランディングページです。

    狭義のランディングページ

    狭義のランディングページとは、ユーザーのアクションを誘導するためのWebページで、1ページのみで構成されています。

    たとえば、特定の商品の紹介と問い合わせフォーム、資料請求フォームのみを設置し、その商品の購入者獲得に特化したページです。

    1ページに情報を集約し他のページに遷移させないことで、商品購入や資料請求などユーザーのアクションを促すことが目的です。

    LPとECサイトの違い

    LPとECサイトは、意味が異なります。狭義のLPとECサイトの違いについて紹介します。

    LPは特定の商品の購入や資料請求などのアクションを促す目的があり、化粧品メーカーのLPであれば1種類の化粧品のみを掲載することが通常です。

    一方、ECサイトはより多くの商品を販売する目的があるため、化粧水や乳液などあらゆるジャンルの商品をカタログのように紹介し購入へ誘導するケースが多いです。

    LPは特定の商品にのみ特化するため1ページ完結型ですが、ECサイトはあらゆる商品を取り扱うことが多いため、複数のWebページから構成されています。

    ECサイトを開設する際は、同時にLPも開設し、2種類を組み合わせて運営するケースがあります。

    ECサイトにおけるLPの活用方法

    ECサイトにおいてLPは、オンライン広告やメルマガなど特定の媒体から流入する特定のユーザーに合わせて商品をアピールする際や一時的なキャンペーンを実施する際などに活用されることがあります。

    もしオンライン広告やメルマガで特定の商品を紹介し、ECサイトのトップページに誘導した場合、ユーザーはトップページから商品を探す手間が発生したり、関係のないページへ移動したりなど、離脱率が高まることがあります。

    一方、LPに遷移した場合、紹介した商品を探す手間もなく購入まで1ページで完結するため、離脱防止になることがあります。

    さらにLPは1つの商品に絞るため訴求力が高く、購入率が高まるケースがあります。

    ECサイトを始めるためのカートの選び方

    上述のようにECサイトの開設にはECカートが欠かせません。ECカートは、ASP・SaaS型、パッケージ・オープンソース、フルスクラッチの大きく3種類あります。

    ASP・SaaS型は、クラウド上でECサイトを構築する方法で、ECサイトの構築・運営経験があまりない方でもECサイトを開設しやすいことが特徴です。

    パッケージ ・オープンソースは、ECサイトのベースとなるソフトウェアを導入し、自分でカスタマイズしながらECサイトを構築します。

    フルスクラッチは、1からECサイトを構築し、完全オリジナルのECサイトを構築できます。

    ECカートを選ぶ場合は、カスタマイズの自由度や費用などを考慮する必要があります。ブランディングを重視する商材である場合は、ECサイトのデザインが自由に構築できるフルスクラッチやデザインテンプレートが豊富なASP・SaaS型が良いでしょう。

    ECサイトの開設費用や月額費用を抑えたい方は、比較的リーズナブルなASP・SaaS型が始めやすいケースが多くあります。

    あらゆるビジネスのEC化をするプラットフォーム「ecforce」

    ecforceは、ECサイトやLPが作成可能な法人向けの有料ECカートで、あらゆるビジネスのEC化を支援できるのが特徴です。

    ECサイトの開設サービスだけでなく、ユーザー行動に応じた購入後のフォロー、顧客データの一元管理など、ECサイト運営に必要な機能が用意されています。

    広告においても、媒体ごとに専用の広告タグコードを発行できるため、広告ごとのCVRや継続率の把握も可能です。

    サポートも充実しており、メールや電話の問い合わせ窓口設置されています。他のECカートからの移行サポートも行なっています。

    ecforceの詳細はこちら

    ECサイトとLPを活用し売上獲得を

    ECサイトとLPについて解説しました。ECサイトはWebサイトの1種であり、物やサービスの販売を目的とするWebサイトです。

    同じく物やサービスの販売を目的とするLPがありますが、LPは1種の商品やサービスの販売に特化した1ページ完結型のWebサイトです。

    LPは1種類に絞るために訴求力が強く、また他のページへの遷移もないため離脱率が低い特徴があります。ECサイトとLPを組み合わせて、効果的なECサイト運営を行いましょう。

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    ecforce導入
    ショップの平均年商

    1.5 億円

    (業界最高)

    他社カートからの
    乗り換え後のCVR最大

    309 %

    アップ

    立ち上げからカート
    システムの運用まで

    1on1

    手厚いサポート

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ