基礎知識

ECサイトが失敗する4つの原因と対策!成功させるポイントも紹介

ECサイトが失敗する4つの原因と対策!成功させるポイントも紹介

この記事をシェア

この記事でわかること

    「どうやって売上を伸ばせばいいか分からない」

    「新規顧客の獲得、顧客離れを何とかしたい」

    「競合他社との差別化を図る方法を知りたい」

    このような悩みを抱えたECサイト運営者は少なくないでしょう。

    本記事では、ECサイトが失敗する4つの原因や具体的な対策、運営成功のポイントをご紹介します。

    参考にしてECサイト運営での悩みを解決し、成功させましょう。

    これからECカートを決める方・いまのECカートに満足してない方へ。以下の記事にも、あなたのお悩みが解決する情報が満載です。
    4つのECサイト構築事例。新鋭D2Cブランドの動向から読み解く「狙い」とは?

    ECサイトが失敗する4つの原因と対策

    ECサイト運営において、売上の停滞や顧客獲得の難しさに直面している方は多いと思います。

    ECサイトが失敗する4つの原因と対策をそれぞれまとめましたので参考にしてください。

    ①懲り過ぎたサイトデザイン

    ECサイトの成功において、サイトデザインはとても重要です。

    例えば過剰なデザインはユーザー体験を損なう原因となるので注意しなくてはなりません。

    過度に装飾されたデザインや複雑過ぎるレイアウトは、訪問者を混乱させてしまい、サイト上での目的も達成できません。

    多用される動きのある要素や、読みにくいフォント、情報過多のページにしないように気をつける必要があります。

    【対策】

    シンプルで直感的なデザインを採用しましょう。

    必要な情報を簡潔に伝え、ユーザーが求める商品や情報へスムーズにアクセスできるようなレイアウトを心掛けてください。

    また、モバイルでも見やすいデザインを使うことで、スマートフォンユーザーの利便性を高め、より幅広い顧客層を引き付けます。

    レスポンシブデザインの導入によって、さまざまなデバイスからのアクセスに対応し、ユーザー体験を向上させることが可能です。

    機能性と美しさを兼ね備えたデザインを実現することが、ECサイトの成功につながるでしょう。

    ②機能が少ないサイト構築ツールを選択

    ECサイトの構築において、サイト構築ツールの選択は非常に大切です。

    機能が限られた構築ツールを使用すると、サイトの拡張性やカスタマイズ性が制限され、ビジネスの成長に合わせた柔軟な対応が難しくなります。

    例えば、フィルターやソート機能、顧客管理機能が不十分だと、顧客のニーズに応じたサービス提供が難しくなります。

    【対策】

    対策として、将来のビジネスの拡大を見据え、多機能かつカスタマイズ可能な構築ツールの選択が求められます。

    商品管理や顧客データ分析、マーケティングツールの統合など、時代や事業規模、ビジネスニーズに合わせて機能を拡張できるツールを選ぶことが重要です。

    例えば、簡単に商品登録ができ、分かりやすいダッシュボードで売上や顧客の動向を追跡できるツールであれば、効果的な運営ができるでしょう。

    ビジネスの成長を支えるためには、拡張性とカスタマイズ性に優れた構築ツールの選択が鍵となります。

    ③UI(ユーザーインターフェース)が使いにくい

    ECサイトの成功には、UI(ユーザーインターフェース)の使いやすさが不可欠です。

    使いにくいUIを持つサイトは、訪問者にとってストレスの原因となり、サイト離脱率の増加につながります。

    例えば、分かりにくいナビゲーション、読みにくいフォント、過度なポップアップなどの演出は、ユーザーの購買体験を損ない、成約率の低下を招きます。

    【対策】

    対策として、直感的でクリアなUIデザインの採用が重要です。

    明確なカテゴリ分け、シンプルな検索機能、レスポンシブなデザインは、ユーザーにとって快適なショッピング体験になります。

    また、ユーザーテストを実施し、実際の顧客のフィードバックに基づいてUIを改善することも効果的です。

    ユーザーからの直接的な意見を取り入れることで、より使いやすく、顧客満足度の高いUIに進化していけるのです。

    ユーザーフレンドリーなUIを実現することは、ECサイトの成功において不可欠でしょう。

    ④ランニングコストやオプション費用を考慮していない

    ECサイト運営において、ランニングコストやオプション費用の見積もりは重要なポイントです。

    運営コストを考慮しない場合、予期せぬ出費が発生し、ビジネスの存続が危うくなる可能性があります。

    例えば追加機能の導入コスト、マーケティング活動の費用などが想定以上にかかると、利益が圧迫される事態になりかねません。

    【対策】

    対策として、事業計画の初期段階ですべての潜在的なコストを詳細に検討し、余裕を持った予算計画を立てることが重要です。

    サイト運営に必要な基本的なコストの見積もりに加えて、緊急時の費用や将来的な拡張に伴う投資も予測しておきましょう。

    また、コスト削減のために必要な機能やサービスに絞り込むことも効果的です。

    最低限必要な機能にフォーカスし、事業の成長に合わせて段階的に拡張していく戦略は、無駄な出費を抑え、より効率的な運営を可能にします。

    ランニングコストやオプション費用を適切に管理するようにしましょう。

    ECサイト運営を成功させるポイント

    それでは、ECサイト運営が上手くいっている方々はどのように成功させているのでしょうか?

    ここではECサイト運営を成功させるポイントを具体的にご紹介します。

    ぜひ今後の運営に役立ててください。

    集客に力を入れる

    ECサイトの成功の鍵の1つは、効果的な集客戦略です。

    特に、SEO対策とSNS運用は重要な要素となります。

    SEO対策は、検索エンジンでのサイトの可視性が高まり、自然な流入の増加につながります。

    適切なキーワードの選定や、ユーザーが求める内容を提供することで、検索した時に上位に表示され、持続的な集客が可能です。

    一方SNS運用では、顧客との直接的なコミュニケーションができるようになり、ブランド認知度の向上につながります。

    定期的な投稿やユーザーとの積極的なエンゲージメントを通じて、製品やサービスへの関心を喚起し、集客につなげていきましょう。

    このように、SEO対策とSNS運用は、ECサイトへの集客に重要な戦略となります。

    サイトの離脱対策を取る

    ECサイト運営において、サイト離脱率を低減することは非常に重要です。

    特に、カゴ落ち対策と購入ステップの簡略化が効果的になります。

    カゴ落ちとは、ECサイトでカートに商品を入れたのに、購入まで至らず離脱することです。

    例えば、カートに商品を追加した顧客へのリマインダー送信や、購入を促す特別オファーの提供などがあります。

    また、メールアドレスやクレジットカードの登録など最低限の登録だけにすることで購入までのステップを簡略化し、購入確率を高められるでしょう。

    他にも1ページで簡潔に購入ができるツールを導入したり、明確で簡単な支払い方法を提示したりすることで離脱率を低下させられます。

    これらの対策により、サイト離脱を減らし、売上向上につなげていきましょう。

    サイトの安全性を明示する

    ECサイト運営で顧客の信頼を得るために、サイトの安全性を明示しましょう。

    例えばショップの電話番号や運営元の住所の記載、利用ガイドの提供、返品方法の明確化が含まれます。

    これらの情報を提供することで、顧客はサイトが信頼できると感じ、安心して購入を決断できます。

    例えば、フッターまたは目立つ場所に連絡先情報を掲載し、購入前に抱く疑問や不安を解消できるような利用ガイドを用意します。

    さらに、返品や交換に関するポリシーを明確にすることで、顧客がリスクなく購入できる環境を作り出せます。

    顧客にサイトの安心感を与えることで、ECサイトを安全かつ信頼できる場所として認識し、継続的に利用してくれるでしょう。

    まとめ

    この記事では、ECサイトが失敗する主要な4つの原因とそれぞれの対策を詳細に解説しました。

    サイトデザインはシンプルかつ直感的にし、拡張性とカスタマイズ性に富んだツールの選択を行ってください。

    また、直感的なUIデザインとユーザーテストを重視し、ランニングコストやオプション費用の見積もりを行い、集客強化、サイト離脱対策、サイトの安全性の明示を行いましょう。

    これらの対策とポイントを実施し、ECサイトを成功へと導くための確固たる基盤を築いてください。

    【最後に】
    ここまで読んでいただきありがとうございます。ここで最後にecforceのご紹介をさせていただきます。

    ecforce(イーシーフォース)は日本国内のEC・D2Cビジネスの現場を知り尽くした、わたしたちSUPER STUDIOが提供する国産SaaS型ECシステムです。EC・D2Cサイト構築の際の要件定義から成長拡大まであらゆるフェーズをサポートします。

    累計1,000以上のショップ様に導入されている国産SaaS型ECシステム「ecforce」。さらなる実績や機能のご紹介は以下からご覧ください。

    ecforceには、主に3つの特徴があります。

    特徴1. EC/D2Cビジネストレンドを踏まえた最先端のシステム

    豊富な搭載機能/カスタマイズ性/アップデートスピードでEC事業スタート・カート切り替えに対応。毎月平均で10-20個の新機能をリリース。

    特徴2. 売上を最大化する多彩なマーケティング機能

    クライアントニーズや自社経験を元にトレンドを抑えてた「効果がある」機能を搭載。「広告改善・CVR向上」や「LTV向上/CRM最適化」まで顧客獲得〜リピート化といった各フェーズに対応した機能群で、マーケティング施策を一貫して実施できます。

    特徴3. CSオペレーションやシステム運用工数を削減

    CSオペレーションや広告管理といったEC運営では工数がかかり煩雑化する業務も自動化と操作性の高いUIで効率化。運営コストを削減します。

    「ecforce」は、ECサイトの構築はもちろん、サイトを開設したあとの機能も充実。売上を上げるための豊富な機能からコストを削減する仕組みまで、ECビジネスの成長をサポートします。

    ご興味がある方はぜひ、以下からお問い合わせをいただければ幸いです。

    ecforce公式サイト

    その他、ecforce公式サイトでは、弊社が実事業経験から得たEC/D2Cノウハウを無料ebookで多数公開しております。弊社が独自に提供しているノウハウをたくさんご活用下さい。

    無料ebookはこちら 

    Ecforce

    D2Cを成功に
    導くために必要なものとは?

    御社のD2Cを成功に導くには、D2Cに必要な要素を全て備えたカートが欠かせません。「ecforce」は数々のD2C事業の立ち上げ経験から生まれたカートサービス。
    多くのD2Cブランドがecforceを導入して、今までに合計1,000億円を超える売上を達成しています。

    平均年商

    2 億円

    以上 ※1

    売上

    230 %

    UP ※2

    継続率

    99.7 %

      ※3

    D2Cを成功に導くために必要なものとは?
    ※1:稼働済みショップの平均年商 / 集計期間 2021年7月~2022年6月
    ※2:ecforce導入クライアント38社の1年間の平均データ / 集計期間 2021年7月と2022年7月の対比
    ※3:事業撤退を除いたデータ / 集計期間 2022年3月~2022年8月

    合わせて読みたい記事

    さあ、ECでビジネスの可能性を広げよう。

    サービスの導入や移行、その他様々な運営のお悩みについて
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ